薬局の転職をお考えの方へ

薬局の転職をお考えですか。わたしは、薬局の求人募集に応募した経験があります。しかし、未経験だということで落ちてしまいました。とても残念でした。当時は薬局の転職や、就職の求人ウェブサイトなどの存在も知りませんでした。フリーペーパーの求人雑誌で、薬局の求人を見つけて応募していました。薬局の転職といっても、ウェブサイトで候補に挙がるのは薬剤師の求人が圧倒的に多いですよね。「人材紹介会社」と「人材派遣会社」の2種類を見つけましたよ。

「人材紹介会社」とは、「厚生労働大臣の認可を受けた企業と求職者の橋渡し役的存在の会社のこと」を指します。サービス形態は大きく分けて、3つに分かれるそうですよ。タイプ1では、「一般登録型」。タイプ2では、「サーチ型」。タイプ3では、「アウトプレースメント(再就職支援型)」です。まずタイプ1の「一般登録型」ですが、企業からの求人依頼の受け付けと転職希望者からの登録や、転職相談を行います。登録された双方の希望条件が合致した場合、紹介をする形態なのです。

タイプ2の「サーチ型」をご紹介しましょう。求人依頼を受け、現役で活躍している他社の有能な幹部や技術者を、より有利な条件で引き抜く、いわゆるヘッドハンティングというやつです。業界に特化していたり、外資系の人材紹介会社に多く見られる形態だとか。タイプ3の「アウトプレースメント(再就職支援型)」では雇用調整により、人員削減をする企業の依頼を受け、会社と社員の間に入って解雇にともなう諸手続きや労使紛争の処理、再就職の支援や研修などを代行する形態。現状ではこのサービスに費用をだせるのは大企業に限られているんだそうですね。

薬局、薬剤師さんの転職について

薬局ときくと、何を思い浮かべますか。私は、ドラッグストアでした。健康な証拠だなと自分でも思います。最近では薬剤師さんがドラッグストアにも駐在されるようになりました。法律が変わり、今までは処方箋でしか変えなかったお薬が販売されるようになったからでしょう。薬局での転職を考えるとなれば、これはいい傾向だといえるでしょう。職場の場所も豊富ですし、土日に働きたいというのが薬局における転職の理由であったととしてもカバーできるわけです。

元々、薬局といえば、町の薬屋さんという感じでしたが、最近では調剤薬局をよく目にするようになりました。これは薬を専門分野として医療機関から離れたところにすることで、サービスの向上をはかるという観点からも頷けます。医療費を抑えるために国が推奨しているジェネリック薬などの進出も増え、薬に対する専門知識や深い理解などがさらに必要になったからでしょう。専門化していくことが当然だと思います。それにつれて需要も増えるということは、薬局での転職を考えていらっしゃる薬剤師さんたちには選択肢が多様になってプラスなのではないでしょうか。

この調剤薬局も、全国展開している会社もあるようで、町のあちこちで似たような看板を見かけることがあります。派遣とまではいかなくとも、一括して職場を選べることや、知識の向上、患者さんとのコミュニケーション力の向上をはかる上でも、同一の会社に勤めるということは、薬剤師さんにとってもストレスの軽減につながるのではないかと思われます。私たちを健康にしてくれる薬剤師さんが、薬局での転職でストレスなくスムーズに働いていただくためにも、そのような会社の存在も大切であり、発展していくものだろうと思います。

薬局転職の多さについて

現状日本では、高齢化社会が非常に進んでいる為、病院や、薬局、ドラッグストアなどの、医療系求人が非常に増えており、他業種から転職する為に学校に行くなどの20代、30代、40代などの社会経験豊富な人が増えている。特に、低年収の業界や、会社倒産などの原因もあり、医療の業界に移る人も増えている。以前では看護の学校などは特に倍率も高くはなかったが現状は非常に高い。薬剤師は依然から、医者などと同様に高い学力が必要となる。


薬剤師は需要の高い職業であり、薬局転職は容易なものであり、薬局、ドラッグストア側は薬剤師を常に求めているところがある。近年増えている、ドラッグストアでは、スーパー同様な品ぞろえがあり、店名通りに薬を取り扱うため、必ず、薬剤師が常駐しなければならない。しかし、地方や、郊外では薬剤師の取り合いのような状態があり、薬局転職は容易なものである。主婦の傍ら薬剤師のアルバイトを行う方も多く、時給も非常に高い。


しかい、ドラッグストアや薬局などで薬剤師をしている、人間は現場経験が乏しく、的を得た薬をススめる事ができない薬剤師もいる。実際の経験では同様の薬を扱う店で症状を伝えた際に、まったく違う薬をススメられ、他店では違うものをススめられたと伝えると、他店と同様の薬をススめられた。現場経験で医者が大きくかわるように、薬剤師も同様に衰えが非常にある。しかし高給取りなのは、大学時代の資格取得があるからである。若いころに資格取得などしていれば、サラリーマンからサラリーマンの転職は難しいが、薬局から薬局転職は非常に容易である。